胃腸薬の種類や症状にあわせた服用方法とタイミング

 胃薬を飲むタイミングはどれも同じ、そう思ってはいませんか。胃薬なんてどれも一緒、だから飲むタイミングは一緒でいいなんて思っていてはいけません。実は胃薬の種類によって成分が異なるために、服用するタイミングも違うのです。飲むタイミングを間違えると効き目が弱くなる、なんてこともあります。また胃腸薬は症状にあったものを飲まなければ効果がありません。そこで胃腸薬の効果を最大限発揮させるために、胃腸薬の正しい服用法とタイミングをお教えします。
 胃腸薬には沢山の種類があります。H2ブロッカー、胃粘膜保護薬、制酸薬、消化薬、健胃薬、そして総合胃腸薬などです。これらはそれぞれ働きが異なるもので、症状にあった薬を、正しいタイミングで飲まなければなりません。
 胃の症状は大体二種類に分けられます。それは強いストレスなどよって胃酸が出過ぎる胃酸過多、もうひとつは食べ過ぎ・飲み過ぎによる消化不良。症状に合わせて、胃酸過多の場合はH2ブロッカー、制酸薬、胃粘膜保護薬を、消化不良の時には消化薬、健胃薬を飲みます。原因がはっきりしない場合は総合胃腸薬を飲みましょう。
 次に薬を服用するタイミングです。
 胃の運動や、胃液の分泌を促す健胃薬は食事の30分前くらいに飲むのが最適です。
 食べ過ぎ、飲み過ぎた時などに、消化を促す消化薬は逆に食事の直後から食後30分くらいに飲むのが良いでしょう。
 胃酸を中和する制酸薬、荒れた胃粘膜を修復し保護する胃粘膜保護薬、そして胃酸が出過ぎるのを抑制するH2ブロッカーは食間、つまり直前の食事の二時間後に服用するのが最適です。
 いかがでしたか。もし胃腸薬について分からないことがあれば薬局の薬剤師に相談するのが大切です。正しい服用法を正しいタイミングで服用することが症状を治すのに一番の早道なのです。
■胃痛や胸やけの症状を和らげる
ネキシウム