『ショートケーキケーキ』第59話ネタバレ!ついに仲直りする兄弟

ネタバレ

前回のおさらい

地元なのに下宿暮らしをしていた理久。
その理由は、兄の鈴に水原家を追い出されたからでした。

そもそも、義理の兄である鈴は、理久が自分よりも実母を選んでしまうと思い込んでいたんですね。

天やみんなのおかげで、理久が養子になった水原家での思い出を大事にしていることを、鈴は知ります。
ついに長い兄弟げんかに終わりが来たのです。

 

お家に帰ろう

実家に帰る間、車内で理久は鈴といろんな話をします。
産みの親と暮らそうとは思っていない、という理久に対して、誰だってそう思うだろ!
と鈴はツッコミます。

どこかちぐはぐながら、根底に仲の良さを感じられる良いシーンですね。

実家に着いた理久は、まず色々と気を使ってくれたみんなに感謝を伝えます。
ただいまとお帰りを言い合う兄弟、なんだかほっこりしました。

家に着くと、鈴はほっとしたのか急に寝込んでしまいます。
実は、鈴はここ最近、ずっと寝不足だったんです。
そのまま朝まで寝込んでしまう鈴。

 

朝になり、
理久に寝不足の理由を聞かれる鈴ですが、
「原因不明じゃ」
と答えるのみです。
その理由は、みなさんなら当然お分かりですよね!

 

 

そのまま朝ごはんを食べる2人ですが、2人とも突然隣の部屋に呼び出されます。

「ハッピーバースデー!」

実は、理久の誕生日のために、みんな誕生日ケーキを用意してくれていたんです。

朝からケーキなのに、理久はおいしいといって、ケーキを食べ続けます。

ついに、約束が果たされたんですね。

 

おじいさんと孫たち

それから場面は変わり、鈴はおじいちゃんに会わないかと理久に伝えます。

理久は、鈴に家を本当に継ぎたいのか尋ね、鈴は
「長男だから当然」
と答えます。

そして、ついにおじいちゃんに合う事になった鈴と理久。

理久は、おじいさんに、これまでは自分のことにばかり気が向いていたこと、そして鈴が家のことにとらわれていることを伝えます。

そして、当主となる鈴を俺が支えると、宣言するのでした。

鈴はすごく驚いている様子です。

それを聞いておじいさんは、鈴が理久よりも出来が悪いのだと返答します。

落ち込む鈴。
かわいそうですよね、こんなことを言うのは。

それを聞いた理久は、
「いつの話ですか?」
と、今は違うのだと投げかけます。

鈴は、努力を重ねた結果、ピアノも英語も理久よりもできるようになっています。

自分を認めないなら、父と同じ医学部に進むぞと啖呵をきるのです。

それを聞いて、おじいさんは鈴が自分に似ていることに気づきます。

そして、
「お前達は私より先に死ぬな」
と言って部屋を去っていくのでした。

当然おじいさんの方がかなり高齢ですから、先に亡くなるのはおじいさんなんでしょうけども。
そういう意味のシーンではないですよね。

ここでは、おじいさんの孫への愛情を感じさせられました。

 

 

一段落ついて、下宿先に戻ってくる理久。
驚く天やみんな。

感謝の挨拶をしたあと、天を下宿先から連れ出す理久。

恋人つなぎで手をつないで、
「ちゃんと目見て話したい」
とささやくところで、今回の話は終わりとなります。

 

今回の感想

ついに仲直りした兄弟。
おじいさんの孫への愛情。
天や周りのみんなの祝福と協力。

そして天と理久くんの恋人つなぎ。

 

今回はほんとに盛りだくさんな回でしたね。
個人的には、兄弟愛というか、ホントはすごく仲が良い二人の関係性にとても惹かれました。

次回、天と理久くんはどうなっていくんでしょう。
楽しみですね!

コメント